表情筋たるみ 鍛える 解消

しわやたるみできる本当の理由は何でしょうか?

顔や目の周りのたるみやしわの原因

●どうしてあなたの肌にしわが出来てしまうのか

 

●今あるしわを目立たなくするためにどうしたらよいのか

 

●これからしわを作らないために、どのような対策をとればいいのか

 

顔や目の周りに現れるたるみ、シワは人間の老化現象が一番よく現れる場所です。

 

一般的には、老化現象といわれますが、20代や30代でも現れることがあり、その原因を知っておかないと、気が付いたときは「もう手遅れ」ということになります。

 

しわやたるみできる本当の理由は何でしょうか?
なぜしわができるかを知ることによってその対策も考えることができます。

 

しわの種類は2種類【表情シワ】【乾燥シワ】

 

表皮性ジワとは

顔の目じりや眉間、額、ほうれい線などにおもにできるシワを言いますが、いろんな表情を作るたびにシワができるわけですが、その出来たしわがもとに戻らなくて、シワとなってしまうのです。老化現象の進行とともに、新陳代謝やターンオーバーの働きが鈍くなって、角質層の水分量が減少して起こる浅くて細かいしわを言います。

 

 

真皮性ジワとは

表皮の深い部分で起こるシワですが、真皮の中にあるコラーゲンが肌の張りを保っていますが、そのコラーゲンや梁を保つ成分が減少することによって、弾力性が失われて深いしわとなってしまうのです。年齢を重ねるにつれて、目尻や額などにできるのが特徴です。

 

 

しわのできる原因

 

表情ジワ

表情シワのできる原因

 

・毎日の生活の中でくりかえしている表情のクセ ・眉間にシワを寄せる理由として、ストレスも間接的な原因となります。
・加齢に伴うお肌におけるコラーゲンなどの減少
・お肌の代謝や保水力の低下 ・お肌の乾燥 ・紫外線によるお肌へのダメージ

 

表情シワを作らなくする対策

 

・人にはそれぞれ表情の癖の癖があるといわれていますが、同じ表情を繰り返していますとそれがシワとなって残ります。
ですから、その傾向のある人は同じ表情を維持しないようにしましょう。

 

・いつも顔の筋肉をしっかり動かしいることは大切なことです。筋肉の老化や退化を防ぐ

 

・コラーゲンなどのハリや弾力を作る成分が配合された基礎化粧品でスキンケアを行う

 

・しっかりと保湿 ・ヒアルロン酸などの保湿成分が豊富に配合された基礎化粧品でスキンケアを行う

 

 

真皮性シワをのできる原因

 

・紫外線がお肌の真皮層にあるコラーゲンを傷つけて破壊し、お肌のハリや弾力の低下して深いシワになります。

 

・20代までに浴びた紫外線ダメージの記憶が表面化して、老化現象とともに現れてくるシワを言います。

 

真皮性シワを作らなくする対策

 

・紫外線対策は意外と夏に注意する人が多いようですが、実際には冬のほうが紫外線量は多いのです。ですから、年間を通して紫外線対策をしましょう。

 

・紫外線を多く浴びるとお肌の参加が進みシワの原因となりますので、紫外線を浴びた場合は、抗酸化作用にあるスキンケアをしましょう。

 

 

「コラーゲン」の役割

くま・くすみ・しわ・たるみをなくしてハリのある肌を作る

 

ハリやつやがあり好ましい肌の状態を維持することは、なかなか大変なことですね。

 

では、私たちの、お肌はどのようにしてこの“ハリ”と“ツヤ”がどのように実現しているかを正しく知ることは、お肌のケアをどのようにすることが正しいのかを知るのに大切なことです。

 

このことを知り、どのような化粧品が最も効果的かを知ることができます。
ハリやつやが弾力性を持ち、つやのある状態を保っているのは、皆さんがよくご存じの「コラーゲン」のおかげなんですね。

 

 

私たちの肌は皮膚の大部分を占める、真皮層の弾力繊維層の出来ています。弾力(弾性)繊維はコラーゲンというタンパク質でできた繊維で、変形しても復元する弾力性を持っています。これが私たちの皮膚のはりやつやを生んでいるのです。

 

ハリのある肌作りはどうしたらいいの?

私たちの細胞は体全体で60兆個といわれていますが、そのように途方もない数の細胞は常にターンオーバーを繰り返しています。

 

ターンオーバーとは細胞が古い細胞が死滅して新しい細胞が再生する生命活動なのです。

 

 

何年も同じ細胞が、私たち身体を維持しているのではなくて数年しますと身体全体のすべての細胞がすべて新しく入れ替わって、老化を防いでいるのです。

 

 

様々な外部的要因やない内部的要因の影響でターンオーバーが正常に行われなくなりと、体の機能が正常に維持できなくなり、元の状態に戻らなくなってしまうと、病気の原因になったり、お肌の自然な状態が保たれなくなってしまいます。

 

ターンオーバーが正常になると美しくなる

 

私たちの肌は、角質層を含めた表皮細胞層のことを言います。毎日新しい細胞が誕生し、ターンオーバーを繰り返しています。細胞としての代謝活動を行い変化していく、やがて細胞が古くなってきますと核を失い、表皮細胞の死んだ細胞は角質として完成し、その角質が身体を守るバリアーとしての役目を果たす役割をします。

 

やがて垢となって洗い流されていくのがターンオーバーこれが表皮細胞層の姿、私達が目で見、触れている肌です。このような肌の営みをターンオーバーと言います。肌が行っている新陳代謝のスタイルです。

 

表皮細胞層はわずか0.2mmしかなく、この厚みの中で日々行われるターンオーバーに、美肌の秘密は全て隠されています。ターンオーバーが繰り返されている正常な肌は健康で、美しい肌状態を作り出します。

 

しかし、私たちのライフスタイルはいろいろあり、その正常なターンオーバーを阻害する要因が満ち溢れています。
外に出れば、紫外線や有毒物質にさらされ、そして仕事をすればストレスや心のなやみなどに侵されて、肌は常に正常なターンオーバーができない状態になっています。

 

つまり肌は、自らが美しくなっていく設計図とそれを実現する仕組みを持っていますが、外的な要因、内的な要因によつて設計図がくるってしまうのがお肌のトラブルを起こしているのです。

 

ですから、私たちのお肌は健康で強いとは言えない、美しいとは評価できない……こんな肌が多いのが現実です。多くの方が何かしら肌に関する悩みを持っています。

 

元の美肌を回復する対策

 

1・自分の肌のターンオーバーが正常に行われているかを知る

 

2・異常なターンオーバーの状態の場合はどのようなダメージがあるかを知る

 

3・ターンオーバーを正常にする化粧品を知る

 

 

ターンオーバーを正常にする環境作りは努力次第、肌は育つと健康になります。健康な肌はハリやツヤがあり、強く、美しいのです。

 

あなたの肌は、何もしなくても自然に美しくなる力を秘めています。
でも、今のままではターンオーバーを正常にさせる努力をしなければ、美しくはなれないのです。

 

● ターンオーバーが正常に行われるスキンケアはどのようにしたらよいか?

 

化粧水や美容液で保湿ケアをする目的

化粧水は、さっぱりタイプとしっとりタイプの2つを用意し、保湿をさらに強化したい場合に保湿機能の高い美容液を用意していたら万全です。
もし、いずれかの一つしか用意できない場合は、しっとりタイプの化粧水を選びましょう。
どうしてもさっぱりタイプでケアしたいという場合、保湿機能の高い美容液も用意しておくのがよいでしょう。

 

化粧水や美容液の目的は、

 

角質層の水分保持量を増やし、表皮細胞の代謝環境を整える
角質層の水分保持量を増やし、バリアーである角質層をしなやかに整える

 

比熱が高く安定した水の力は偉大です。ほんの少しバリア層の水分が増えた状態が維持されると、肌は元気になれるのです。
日々良い角質に育つために代謝活動をしている表皮細胞にとって、この上ない安らかな環境が用意されるからです。

 

保湿されたバリア層は、丈夫で傷みにくくなります。バリア機能が衰えません。それは鋼のような強さではなく、柔軟さとしなやかさが作る強さです。この強さが肌が育つ環境を保証します。

 

○ ターンオーバーが正常に行われるスキンケアは⇒こちら

 

ターンオーバーが異常な状態になったときの現れる現象

 

お肌は常に変化しています。

 

お肌をお手入れしているときに、いつもとはなんとなく違う、というような変化を感じた場合は、ターンオーバーが異常な状態になりかけている場合があります。

 

このような状態を見過ごしますと、後で取り返しつかないことになりますので要注意ですね。

 

◯ 皮脂詰まりが増えるとくま・くすみ・しわ・たるみもまた多発するようになった。
◯ 角栓が以前よりも増えたような気がする。
◯ 肌が硬くなった?触ると弾力が減った気がする。
◯ 化粧の乗りがさらに悪くなった、化粧に時間がかかるようになった。
◯ 毛穴の目立ちや黒ずみ薄いシミやシワのようなものが増えた。
◯ カサカサ・ザラザラがひどくなり、乾燥が気になるようになった。

 

上のような状況が現れたとき、果たしてターンオーバーが正常だと考えることが出来るでしょうか?
このような状態になったときは、あなたのお肌が悲鳴を上げ始めている可能性があります。

 

このような時期に、適切なスキンケアを行わないと元の美しい素肌に戻ることができなくなる場合がありますので注意しましょう。

 

お肌の正常なターンオーバーの周期はどのくらい?

肌(細胞)のターンオーバーは、人間の生命活動なかでもとても重要な役割を果たしています。

 

肌のターンオーバーとは、わかりやすくいうと表皮が新陳代謝している過程を表したものなのです。

 

表皮細胞が日々誕生し、代謝活動をしながら押し上げられていき、やがてペチャンコの平べったい角質として完成(角化)、身体を守るバリアーとして働き、やがて垢となって剥がれ落ちていきます。

 

このような、正常な状態で肌のターンオーバーが行われているときは、肌はいつも健康で強くてハリがあり、つやのある美しい状態を保っています。

 

ターンオーバーの目的⇒表皮細胞を守るために、しなやかで美しく、強い角質のバリアーを作ることが目的なんですが、ターンオーバーの正常な周期⇒平均的にはおよそ28日くらいが一番良好な周期といわれいます。

 

老化によりターンオーバーの周期は長くなる⇒ターンオーバーのサイクルは短い(早い)方が良いか?

 

正常なターンオーバーは、周期の長いとか短いということよりも、「水分をしっかり含む、しなやかで強くて美しい角質がバリアーとして肌を飾り・守り続けるターンオーバー」が最高なものなのです。

 

 

● お肌を美しく強くしなやかに保つには、ターンオーバーが早ければよいか?

 

お肌のターンオーバーの周期は、どの部位でも同じではなくて、角質層が薄い場所や厚い場所があります。
薄い場所は周期が短く、厚い場所程周期はながくなります。

 

しかし、お肌トラブルの最大の原因は、正常なターンオーバーの周期よりも早くなることが、最大の原因になっているのです。

 

● ターンオーバーが正常な周期で行われない場合に、なぜトラブル肌になるのでしょうか?

 

ターンオーバーが正常な周期で行われないということは、誕生した細胞が完全に成熟しないうちに、早く角質として完成することを意味しています。

 

つまり、未熟な細胞が十分な準備ができないままに、未熟な角質となって肌を飾り、未熟なバリアーとして働くことです。未成熟な細胞が未成熟なままに肌となることです。

 

このようにして正常な周期で作られなかった角質は、小さく薄く、水分保持力が低く、傷み・乾き・縮みやすい角質になってしまいます。
乾くと硬くなりやすい角質でこのような角質が肌表層を形成するとどうなるでしょうか。

 

未成熟な弱々しい角質は剥がれやすく、カサカサや皮むけ現象を起こしやすい状態ですから、その下にあるお肌を守ることができないのです。

 

未成熟な弱々しい角質は、次第に過敏さを増幅させていきます。
シミが発生しやすくなり、赤み、炎症ニキビ、湿疹等炎症を伴うトラブルを発生させる原因となるのです。

 

● ターンオーバーが正常な周期で行われない場合の原因

 

ターンオーバーが正常な周期で行われない場合は、その原因を突き止めて、その原因を取り除いてやれば、ターンオーバーは必ず正常化していきます。肌を作っている細胞がよく育ち、本来の肌が復活します。

 

ターンオーバーが正常な状態のときは、角質層が肌の表面に押しあげられて、外部の空気に接触しますと、その日1日働いたら自然に垢としてはがれていきます。
ところが、このサイクルを乱してしまう要因がたくさんあるのが、トラブルの大きな原因になってしまいます。

 

 

ターンオーバートラブルの大きな原因

 

◯一番なじみの深いものが、強い紫外線、乾燥、そして酸化現象です。それらの要因は角質層にダメージを与えて、角質をはがれやすくしてしまうのです。

 

 

◯ あなたが使用している化粧品に影響されて、その化粧品が角質をはがしてしまうことがあるのです。

 

 

界面活性剤が肌に残る洗浄剤は微妙に角質剥がれを促進しています。またピーリング剤を配合した洗浄剤やスキンケア製品の使用、角質柔軟作用のある成分を配した化粧品の使用、耐水機能を強化したベースメイク製品やUVケア製品の使用……等々、スキンケア製品の選択と利用法に誤りがあるケースです。

 

 

◯ そのほかの外的要因としては、顔やお肌を洗いすぎたり、強く刺激したりしますと物理的に角質剥がれを促進している場合や、熱い湯で入浴する場合、長風呂する場合、汗の処理をする場合に強くこすった場合など、日常生活の中では、知らない間に角質剥がれを促進していることがありますから注意しなければいけませんね。

 

これらの原因は、あなた自身が気を付けていれば、ある程度防げることが多いですから、極力避ける努力をすることが大切でしょう。

 

 

● ターンオーバートラブルを避ける方法

ターンオーバーが正常な周期で行われない場合に、未成熟な弱々しい角質が表面に現れると、肌がガサガサしたり乾燥したり、見栄えが悪くなったりします。
でもここで注意しなければならないことは、これらの現象は、古い角質がターンオーバーで取れているのではないということです。

 

この未成熟な弱々しい角質をつい取り除きたいという心理が働きますが、ここで焦って未成熟な弱々しい角質を取り除きますと、角質を取り除かれ、バリアーの危機を感じた肌はさらに未熟な細胞を急いで角質として送り出す必要に迫られるため、常に未熟な角質達でバリアーを形成する自転車操業になってしまいます。

 

このような場合は、お肌のチェックを行い、もし、未熟な角質でバリアーを形成する自転車操業になっているようでしたら、むやみにスキンケアをすることなく、化粧品などで適切なアドバイスを受けられることをお勧めします。

 

乾燥した環境はお肌のトラブルを作る

 

◯ 乾燥した環境は、お肌をカサカサにしてモチモチ感をなくして、お肌を硬くしていく

 

 

ほうれい線 たるみ・しわとどのように対処したらよいか?

 

しわ・たるみを消す方法はあるか?

 

 

しわ・たるみやほうれい線の原因は何か?

 

しわ・たるみ・ほうれい線の原因は、老化の現れなどという言葉が言われていますが、多くの人がこのような問題に悩み、リフトアップやアンチエイジング化粧品を使用する、しわ・たるみ・ほうれい線をなくすマッサージなど、美容関係の雑誌やTVコマーシャルを見ても、多くのPRがなされていますが、本当にこれらの方法は効果があるのでしょうか?

 

でも、すこし考えてみてください。
年を重ねられた方でも、お肌が若々しくて、ハリがあり美しい方がたくさん見えるのはなぜでしょうか?

 

◯ 年を重ねられた方でもしわやたるみなどが気にならない人はどうしてでしょうか?
◯ 一度できてしまったしわやたるみ、ほうれい線などは消すことができるのでしょうか?

 

● しわ・たるみやほうれい線の原因

 

台所の食器を洗うスポンジを考えてみてください。
買ったばかりのものは、弾力があり、使ってもすぐに元の状態に戻りますが、使っているうちにだんだん弾力がなくなりペチャンコのなってしまいますよね。

 

しわやたるみ、ほうれい線などもこれと同じような現象が起こっているのです。
お肌の表皮細胞をの下には、真皮層というコイル状の弾力線維層があります。

 

 

これは、コラーゲンとエラスチンという成分でできていますが、とても弾力があり、元に戻る性質があります。

 

しかし、長い間使用していますと弾力線維層のスプリングが劣化して、弾力を失い弛んだり壊れたりすることによって、しわやたるみが発生します。

 

 

ですから、この原因である弾力線維層劣化が復活すれば、しわやたるみは消えるということになります。
でも、この方法は簡単にはできないのが悩みの種なんですね。

 

 

表皮はすべての細胞がおよそ1カ月でターンオーバーして入れ替わりますが、弾力線維のターンオーバーの周期は4〜5年くらいかかるといわれています。

 

 

ですから、一度ダメージを受けたら、対処療法では簡単に回復しないということなんですね。
このようにしわやたるみは、長期戦を覚悟して取り組まなければなりません。

 

長い期間にわたって、常に外部からのダメージを防ぐ方法を実践し、真皮層の新陳代謝が滞りなく行われる環境を維持し続けることが対策となります。

 

 

● コラーゲンはしわやたるみ、ほうれい線に効果があるの?

 

最近、特にマスコミやTVなどでよく目にするようになったものに「コラーゲン」という物質がありますが、このコラーゲンはどのような効果があるのでしょうか。
「コラーゲンでぷりぷりのお肌を!」「コラーゲンでしわやたるみを解消!」などというPRが流れていますが、コラーゲンでそのような効果があるのでしょうか。

 

真皮層のコラーゲンとエラスチンという成分等(弾力線維)は、サプリメント食品や化粧品などに使用されているものとは少し違いますから、コラーゲンを食べたり、飲んだりして、あるいは美容液として入っているものを使用してもそのままコラーゲンが吸収されるということはありません。

 

真皮層というコイル状の弾力線維層のコラーゲンは線維芽細胞が作りだしている人コラーゲンですから、外部から簡単に補給したりすることは難しいのです。

 

コラーゲンが体の中で利用されるようになるには、例えば食用として、サプリとして口から取り入れても、それが直ちに吸収されることではなく、様々なたんぱく質に分解されて利用可能になったコラーゲンが体全体に必要に応じて使用されるのです。

 

化粧品の中には、コラーゲン成分の表示があり、シワや、たるみに効果があるように記載されているものがありますが、お肌に使用しても、保湿成分としては役立ってくれますが、それが直接お肌に吸収されて効果があることはありません。

 

 

● 紫外線はしわやたるみの大敵

 

真皮の弾力線維(コラーゲンやエラスチン)は表皮が正しくターンオーバーをしていて角質層が守ってくれていれば、紫外線の影響をそんなに受けることはありません。

でも、表皮の紫外線防御が無防備な状態になってしまいますと、紫外線が直接、真皮の弾力線維にダメージを与えてシワや、たるみがどんどん蓄積していきます。

 

このように、しわやたるみは紫外線が大きな原因になりますので、常日頃、紫外線を浴びることを避ける習慣は、いつも身につけて欲しいのです。

 

 

● 肌のたるみや顔のたるみが気になる方 

 

肌がたるんでしまった、皮膚が下がってしまった、シワがとても気になるよになった、など皮膚に関するトラブルはいろいろありますが、「肌がたるんでいる、肌のたるみ」というのは、いったいどの部分がたるんでいて、どのような状態を指すのでしょうか?

 

肌のたるみとは

 

筋肉の退化と真皮層の弾力繊維が劣化していくことを言います。
肌がたるむ主因は、表情筋の退化・萎縮です。

 

このように、顔の肌のたるみの原因は筋肉が退化していると言うことですから、退化した表情筋が元のように弾力を取り戻して、筋肉が正常な運動を取り戻せば、たるみも治ってくるということです。

 

 

リフトアップという言葉がありますが、たるみをなくするには退化した筋肉をもう一度鍛えなおして、復活させてたるんだ肌をもとの状態にするということです。
それならば、足や腕の筋肉がたるんで、鍛えなおすというようなことをしても、顔の筋肉を鍛えることはできません。

 

 

肌のたるみとは表皮のたるみ、つまり肌の張りがなくなっているということです。

 

●肌(表皮)の弾力のベースになっている真皮層の劣化が現れたもの
●肌(表皮)の水分量の減少が見せる肌の姿・表情

 

真皮層の劣化はしわも作るし、肌のハリもなくすということです。
対策の基本は同じですから、肌のハリが気になる方は見直しておきましょう。

 

肌(表皮)の水分量の減少によって表皮がたるんでしまうという場合は、この水分を十分補給して角質層を水分で十分で潤し、水分が長い間体内にとどまるようにすることが、リフトアップにつながります。

 

肌のたるみの改善は、簡単に言えば、正しいい保湿・保護をしてあげることです。
保湿保護が肌の角質層が潤い、肌がピンと張った状態になれば、本当のたるみがあったとしてもたるみなど感じさせません。

 

 

目立ちやすい瞼(まぶた)のたるみは改善できるの?

 

瞼(まぶた)は、いつも動いていますから、たくさんの筋肉に支えられて、その役目をはたしています。
この、たくさんの筋肉の一部が損傷を受けたり、加齢によってたるんできますが、とても繊細で簡単に壊れやすい筋肉ですから、少しの力が外部から加えられただけで損傷してしまいます。

 

● 瞼を支えている目の筋肉は簡単に切れてしまいます。

 

血行が悪いと筋肉は弱くなり切れやすくなる
紫外線ダメージは血管を損傷、劣化させ血行を悪くする
乾燥・酸化ダメージなど、皮膚への刺激が血行を悪くする
疲れ目は眼球を支配する筋肉だけでなく、皮膚とつながる眼輪筋を緊張させ、血行を悪くし、筋肉を劣化させる

 

 

 

目蓋の皮膚を健康に維持することが血行を良くし、筋肉の弱さをカバーしてくれている面が大いにあります。

 

 

● 表情じわとは

 

表情シワとは、顔の中のできるいろいろなシワを言いますが、眉間にできるもの、笑った時にできる目尻のシワ、額の大きな横シワ、口のまわりにできるほうれい線などが主なものです。

 

 

これらのシワは、若い方にもできますが、老化により長い間かかってできた真皮層の劣化によるものですが、劣化といっても、繰り返される表情によって規則正しく損壊しているものです。

 

特徴は、シワの深さが比較的深いために、簡単に治療したり改善することは難しいと思います。
表情シワは、あなたの喜怒哀楽の人生の証であり、しわやたるみよりも生き生きした健康で美しいお肌が保たれていればそんなに気にしなくてもいいかと思います。

 

間違いの「たるみ」「しわ」対策

 

様々なたるみ対策・しわ対策をされている方が見えると思いますが、中にはたるみ作り、しわ作りに励んでいる方も見えるようです。
間違った対策を知らずに行っていますと、取り返しのつかないことになります。

 

 

では、間違ったマッサージ や間違ったパッティングはどのようなものでしょうか。
しわやたるみにはマッサージがいいというような対処方法が広く行われているようですが、スポーツをしたり、筋肉を使う仕事をした後は筋肉がこりますから、マッサージをしてコリをほぐしてやることは、間違ったことではありません。

 

 

しかし、顔にも筋肉がありますが、顔の筋肉は他の体の部分の筋肉とは違う考え方をしなければいけません。
つまり、顔の筋肉は、骨と骨を結び付けて体を動かす筋肉とは全く異なっています。

 

 

顔の全体の筋肉は、非常にデリケートな働きをしているために、少しでも強い力が顔の加わるとその筋肉は簡単に破壊されてしまいます。

 

また、顔の肌に栄養を運んでいる毛細血管は、表皮のすぐ下の0.2mmという上皮に網の目のように網羅されていますから、少しの刺激でも強い刺激が加われば、血行が良くなるどころか、毛細血管が損傷して肌トラブルのもとになってしまいます。

顔のマッサージはこのようにデリケートにできていますから、マッサージは角質を傷めないように滑りの良いクリームなどで、やさしく滑らせる程度で大丈夫です。

 

もちろん、パッティングする場合も、あまり強くたたきすぎると、毛細血管を傷つけ、角質を破壊します。
手のひらで行うというよりも、指だけ動かして軽くたたくのが最も良い方法なのです。

 

 

● 「たるみ」「しわ」「ほうれい線」対策スキンケア詳細⇒こちら

 

◯ 乾燥した環境は、皮脂腺の発達していない部位で、肌荒れ、粉吹き、皮むけなどのトラブルを作る

 

◯ 乾燥した環境は、角質が乾くと縮み硬くなるので毛穴が拡がり、そこに汚れた油脂や酸化物が沈殿する

 

◯ 乾燥した環境は、毛穴壁出口付近が乾燥で硬くなるので、皮脂が押し出されず貯まるのでニキビの原因となる

 

◯ 乾燥した環境は、お肌を過敏症にして少しの刺激でもトラブルを起こす原因となる

 

● 乾燥したお肌を見分ける症状

洗顔後のつっぱり感が極めて強い

入浴すると顔が真っ赤になる〜いつも顔が赤い状態

 

化粧品に刺激を感じたり、赤み等かぶれ症状を起こすことがある

炎症反応を起こしやすくなる…炎症ニキビ・湿疹・赤み…等

 

シミができやすくなる

 

 

たるみ」「しわ」「ほうれい線」対策グッズ

 

「たるみ」「しわ」「ほうれい線」の解消対策t歩して、今までは化粧品や、エステ、美容外科などの方法がありましたが、
特に、顔のたるみや、シワ、ほうれい線は顔面の筋肉が加齢によって起こっています。

 

ですから外部からの解決ではなくて、内面の筋肉に注目した解消法がいろいろな対策グッズが発売されてきました。
株式会社MTGから発売されている 「フェイシャルフィットネス PAO(パオ)」はいま最も人気のある顔の筋肉を鍛えるグッズですが、その効果のほどはどうでしょうか。

 

【 FACIAL FITNESS PAO(フェイシャルフィットネス パオ) 】は、早稲田大学との共同研究で、パオによる一定の運動が、表情筋を鍛えることが分かったそうです。新しい生活をスタートしたばかりとか、自分改革したい!という方は新しいしわ、ほうれい線対策として、お試しになるのもいいかと思います。

 

フェイシャルフィットネスPAOには女性の悩みを解決する、うれしい効果があるという口コミがたくさん寄せられていますが、あの形、使い方をみてPAOを不思議な物体としか思っていない人が日本中の90%以上を占めているようですね。

 

 

「フェイシャルフィットネスPAOを使って何に効果があるの?」こう思っている人は多いはずです。

 

●ほうれい線
●フェイスラインのたるみ
●口角の下がり

 

こういったことに年齢とともに衰えてくる顔の悩みを抱えている女性はとても多いと思いますが、どのような効果があるのでしょうか。
そんな悩める女性は多いのに、今までほうれい線や顔のたるみやシワに効果がある商品っていうと、化粧品やエステなど、外からのケアばかりでしたね。

 

 

でも、フェイシャルフィットネス PAOは体の内側、体の中から顔の筋肉を鍛えて、ほうれい線やフェイスラインのたるみ、口角の下がりなどに効果があるようです。

 

体の筋トレってするけど、顔の筋トレっていうのはやっている人はほとんどいません。
でも、顔の筋肉を鍛えることで、ほうれい線や顔のたるみやシワになどに効果があるということですね。

 

[ PAOの3つの特徴 ]

1.効率的に負荷を集中   最適な負荷を口元に集中させ、小さな力で大きな負荷を生むように徹底的に研究しました。

 

2.左右均等運動   左右対称にバランスを保つ構造のため、左右に偏りのない運動を可能にしてくれます。

 

3.続けられる「楽しさ」   見ているだけで試したくなるようなユーモアな動きと効果を実感出来る楽しさが特徴です!

 

老化サインの出やすい口周りの筋肉を鍛える⇒こちら

 

 

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。